9月2日の模様

第7回目のREIWA将棋教室が9月2日に開催されました。
暑い中お越しいただき本当にありがとうございます!

第1部は講義の【定跡講座】(30分)と面談(30分)と指導対局。

【定跡講座】の模様

上級講座は先手三間飛車対後手穴熊に組もうとしたところ56銀から揺さぶる指し方とその攻防を解説。なかなかアクロバティックな展開でした!

中級講座も三間飛車後手居飛車の天守閣美濃囲いに対して先手三間飛車の仕掛け方や成功例を解説しました。

初級講座は矢倉の囲い方や棒銀の指し方を解説。

面談の模様

面談の待ち時間には今月のプリント詰将棋を解いて頂いてます!

指導対局の模様

続いて第2部は講義の【最新棋譜解説】60分と指導対局60分

【最新棋譜解説】の模様

朝日杯将棋オープン戦の戸辺七段VS青野九段を解説。石田流対棒金の将棋でした。青野先生の押さえ込みと、戸辺七段の歩を使った細かい攻めがどちらが勝るかという将棋でした。この将棋は手筋が沢山でてきたり、奥深くまで読んでいないと決断できなかったりと難しい将棋でしたが、ひとつ覚えて頂きたいことは『駒が取られる瞬間が1番仕事をしている』ということです!!今回の場合は76飛車を75歩で取られそうな状況がずっと続いている中で戸辺七段が小技を駆使して後手玉を薄くしていきました。駒が取りになってる状態は、大抵の場合は逃げて良いのですが、中盤以降で何か技がかけられそうだなあと思ったとき(嗅覚が働いたとき!)逃げずに他の手を探してみてほしいです!

初心者向けに解説
難しい将棋ながらも、ついてきてくださってありがとうございます。序盤を細かく解説しながら、次の一手形式で棋譜並べです。沢山質問してくださってありがとうございました😊

指導対局の模様

全体的に、強くなっている方が多かったです。強靭な粘りにあい、逆転勝ちされた方もいらっしゃったり、筋よく駒運びされた方もいたり。皆さん、本当によく勉強されているというかこの教室以外のところで努力されてるのが棋譜で伝わってきます。初心者の方も、勝負所でよく考え、良い手を導けるようになってきました!!とっても嬉しいです!目標達成のため今後も続けていきましょう!

次回は9月9日です!加藤不在、相川主導となります。皆さまのことをお待ちしております。

9月30日の講義は詰将棋と自戦解説の予定です!またTwitterなどで改めて宣伝していきます!

9月は2日.9日.30日開催です!9日は相川三段が主導です。2日.30日は加藤がいます^_^よろしくお願い申し上げます!

お気軽に、お電話やDMへどうぞ!!

加藤桃子

reiwashogi610
  • reiwashogi610

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA