8月5日の模様

第5回目のREIWA将棋教室が8月5日に開催されました。
暑い中お越しいただき本当にありがとうございます!

第1部は講義の最新棋譜解説と指導対局。各60分。
最新棋譜解説は先月の対局から第5期叡王戦段位別予選青嶋五段vs藤倉五段戦向かい飛車の対抗形を解説しました。

解説中の田中沙紀女流3級と相川三段質問、クイズ形式で解説しています。

初級者の方には盤を挟んで棋譜並べを一緒にしながら解説しています。

この将棋は青嶋五段のバランスを取りながらの仕掛け方や、藤倉五段の捌き方、銀冠穴熊に対してどこからアプローチしていくのか、ゼットを利用して寄せるには?等テーマが沢山ありとても勉強になります。
一回の講義で全部理解するのはなかなか大変だと思いますが、ひとつ覚えてほしい手が有ります。

まず、馬をどう使うのか。
本譜は△48馬でした。これは先手の57金を狙いにいった手でしたが、他には△64馬と絶好の位置へ引きつける手がありました。▲42歩成を受けつつ、次に△85歩と銀冠の頭から攻めていきます。
終盤にあまり自信が持てない方は、馬は自陣、龍は敵陣で使うように心がけて頂くとなかなか負けにくい将棋、しぶとい将棋になります。【馬は引く手に好手あり】です!

指導対局の様子。皆さんメキメキ腕をあげている(^^)課題を持って対局してくださり、とても嬉しいです。

続いて第2部は講義の自戦棋譜解説と指導対局。各60分。自戦棋譜解説は今月の対局から第9期リコー杯女流王座戦鈴木環那女流二段vs加藤桃子女流三段雁木の将棋を解説しました。

自戦解説本人の加藤女流三段

初級者へ解説中の田中沙紀女流3級。

この将棋は序盤の工夫の仕方、駒の好ポジションをどうやってとっていくのか、中盤の勝負手などまたまたいろいろありました!後手が△43金と上がって催促した手があります。本譜は▲86角と逃げ道を作りつつ敵陣を睨んだ手をさされましたが、代えてそこで▲27飛という勝負手がありました。解説は割愛します!が、先手の追い込みから局面が難しくなりそうです。とても有力な手順でした。

最後に指導対局の様子
今回は将棋イベントが続いたりする中、そして、本当にとっても暑い中いつもと変わらず来てくださって本当にありがとうございます。とっても嬉しいです。でも、熱中症とか体調にはよく気をつけてくださいね!!異常気象だと思うので、配慮いたしますので無理することなく、元気な時に通って頂けましたら幸いです。また遠方より参加の方もいらっしゃるので、年に1回でも構いませんからたまに立ち寄って頂けると嬉しいです!今後もよろしくお願い申し上げます!

次回は8月19日です!皆さまのことをお待ちしております。お気軽に、お電話やDMへどうぞ!!

加藤桃子

reiwashogi610
  • reiwashogi610

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA